FC2カウンター

プロフィール

かちゃやん

Author:かちゃやん
関西より関東に転勤になり、転勤が終わりまた関西へ。
帰阪より1年半後に90CM水槽を懲りずに立ち上げました。

月別アーカイブ

カテゴリー

Special Site

アクアリウム RO&バルブ&配管ならカキショウテン


Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>

HP&BLOG Site

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新水槽計画8

今までぼちぼちと進めていた水槽の立ち上げですが、やっと2日かけて立ち上げることができました。

まず底砂ですが、今回はカリブシーアラゴナイトサンドのグランドバハマ13.5KGを使用しました。
s-CIMG4175.jpg

どうしてこれにしたのかといいますと、サブ水槽ではテッポウエビと共生するハゼを飼う予定があるので巣が崩れにくいように貝殻入りのものをセレクトしました。
あと細かすぎるとすぐに砂が舞うのが嫌なのでというのもありこれに決定した次第です。
s-CIMG4179.jpg
水槽の底面積が90×30CMになるのですが、13.5KGでだいたい底砂の高さは4CMくらいでしょうか。

とりあえずこの状態で160Lの海水を作り、濁りが取れるまで1日回しておきました。
s-CIMG4188.jpg

2日目は頼んでいたライブロックをクロネコのセンターまで取りに行き、いよいよ導入です(*゚∀゚)=3
なんかライブロック入れると海水水槽って感じになりますよね~

っと、その前にマキシジェットの取り付けですが、下のほうから斜め上に向けて取り付けてあるのですが、これで淀みがだいぶなくなるのではないかと思います。
こういう取り付けができるのも、マグネットホルダーの利点ですね。
s-CIMG4192.jpg
30CM水槽のホルダーの受け側は60CM水槽の中にあります。
s-CIMG4194.jpg

そういえば給水側を前回セッティングしたときに、30CMの方は途中のバルブで流量調整できるのですが、60CM側は配管が短くバルブをつけることができなかったので、吐き出し口にRIOポンプの吐き出し口をつけておきました。
s-CIMG4190.jpg

ライブロックは今回アクアステージさんから購入したのですが、太い枝状でとてもよいものでした。
これをマキシが隠れるように組み合わせて置いていったのですがあまりマキシを隠しすぎるとメンテのときに大変なので、1つか2つ外せば取り出せるように配置していきました。
s-IMG_1358.jpg
60CMの水槽面は壁が近くこんな感じでしか写真が撮れないんですよね
わかりにくくてすいませんm(_ _)m

そして30CM水槽正面からは。
s-IMG_1370.jpg
なぜかすでにサンゴが何点か入ってたりして(笑

最後に照明についてですが、メタハラ150Wと興和のクリップライトに32Wのブルー球でいこうかと思ったのですが、こちらには光量のあまり必要ないサンゴしか入れないようにして魚も深場や日焼けしやすいのを入れることにしようかなと思い、興和のクリップライトに32Wブルー球を3機取り付けることにしました。
s-IMG_1360.jpg

これで小さいながらも、やっと!やっと水槽を立ち上げることができましたヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノ
もうすでに何か生体を入れたくて仕方ないのですが、これからしばらくは我慢ですね。
スポンサーサイト

Yさん宅スイハイ2

そういえば以前に紹介させていただいたYさん宅の水槽ですが、預かっていただいていたスイスガードを引き取る際にスイハイもさせていただきました。

ちなみに水槽崩壊1日前です(;´Д`)

我が家に来て1日しか生かせてあげられなかったスイスガードの写真をどうぞご覧下さい。
IMG_1344.jpg
どうか安らかにお眠りください( ̄人 ̄)

それではYさん宅の水槽を紹介させていただきます。
CIMG4135.jpg

現在は職場の方に水槽があります。
相変わらずのすばらしいレイアウトセンスですね~

前と大きく変わったのは、水槽サイズと底砂の量でしょうか。
ちょろっとひいている程度ですね。

ライブロックで大きな山と小さな山を作ってられるのですが、右の大きな山のアップ。
CIMG4136.jpg

左の小さな山のアップ
CIMG4138.jpg

そしてこの水槽の右上に30CMくらいのサブ水槽があります。
CIMG4139.jpg

このサブ水槽にシテンヤッコがいるのですが、紅海産のめずらしいシテンヤッコだそうです。
CIMG4140.jpg

もちろん私には違いはわかりません(ΦωΦ)

Yさん、どうもありがとうございました。
また遊びに寄らせてくださいね。

話し変わって我が家の水槽ですが、水漏れがないか実験的に水を入れて回しました。
s-CIMG4173.jpg

久しぶりに聞いたオーバーフローから水が落ちるけたたましい音に感動(笑

無事に水漏れもなく、もうすでに水は抜いてしまいました。

あとはライブロックと底砂があれば海水を回すだけですが、サブ水槽だけでもできるだけ早く復帰できるようにがんばります(;`Д´)ノ-з

新水槽計画7

新水槽計画を思い立ってから、水槽が崩壊したりしてとんだサプライズがありましたが、やっとサブ水槽をフルリニューアルすることができました。
CIMG4170.jpg

配管については、まず排水ですがこんな感じです。
右の30×30×H45水槽
CIMG4164.jpg

左の60×30×H45水槽
CIMG4165.jpg

この左右の水槽の排水をジャバラみたいな塩ビ管で接続しているのですが、ぐにゃっと曲がるのでとても便利です♪
CIMG4167.jpg


左側の水槽から濾過槽へつなげているのですが、ここで使っているのは前回同様の洗濯機用の排水パイプです。
ネジ式になっているのですが、40Aの塩ビ管に適合しているので30A→40Aに変換してあります。
CIMG4172.jpg

そして給水のほうですが、こちらは画像のように真ん中にバルブを入れて閉めると片方の60CM水槽だけに海水を回せるようにしておきました。
CIMG4171.jpg

遅くなりましたが、これでやっと海水はまわせるようになりました。

メイン水槽もいつでも使えるのは使えるのですが、金銭的な関係で涼しくなってきたらとりあえずサブ水槽のほうだけでも復帰させようと思いま~すヽ(゚∀゚)ノ
CIMG4163.jpg





| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。